インバウンド学習のためのおすすめ書籍

インバウンド商戦で中国人観光客に爆買いしてもらい売上アップを目標としたおすすめの本をランキングで紹介します。

 

新しく出版されたものや、昔から役立つ本まであります。おすすめの本を見つけた時点で増やしていきます。

 

国も違えば文化もマナー違う中国人。販売や接客の方法も違って当たり前です。日本の常識は中国の非常識であり、中国の常識は日本の非常識の場合もあります。

 

この文化やマナーの違いがあるからこそ外国旅行は刺激的で楽しいのです。どこに行っても世界中同じだったらつまらないし、旅行に行かなくなりますよね。

 

違いがあるからこそ魅力も出てきます。

 

made in Japan
日本の技術も中国にないものだからこそ日本で買いたいという欲求が生まれます。

 

経済成長
経済成長は新しい決済システムや越境ECも動かしています。

 

文化
中国らしさがあれば日本らしさがあります。そのらしさも違いからくるものです。

 

書籍はいつでもどこでも勉強ができます。この本の知識はインバウンド商戦を戦う上でプラスとなります。いろんな視点があります。この視点を身に付けてそしてあなた自身がその視点を組み合わせていけばオリジナルなインバウンドマーケティングが生まれます。

 

基礎と応用のバランスが大事です。これらの本でインバウンド商戦に関する基礎力をつけましょう。あなたのお店や商品にアレンジできるはずです。

 

わたしが気に入ったものをランキング形式でアップしていますが、本当は全部読んだ方がいいおすすめの本です。本はセミナーと比べると格安です。インバウンドの仕事をしている人はぜひ活用してください。

インバウンド書籍おすすめランキング

外国人だからこそわかる日本

世界の広い視点で捉えるからこそわかる日本がここにあります。イギリス人著者のインバウンド目線が書いてあります。他国の観光との比較も日本に活かせる部分です。

 

 

中国人著者による的確な爆買いの分析

1週間で20万円、富裕層は200万円を使う中国人をわかりやすく分析。2011年に出版された「中国人観光客を呼び込む必勝術―インバウンドマーケティングの実践」からこの著者の本を読んでいます。

 

 

台湾人に日本で喜んでもらう方法

台湾人に特化したインバウンドの本というのはなかなかありません。しかし台湾人はどんどん日本に来ています。しかも安定したリピーターです。ここを読み解きましょう。

 

こちらのインバウンド本もおすすめ

日本人の感覚との比較対象が勉強になる

「おもてなし」より「お値打ち感」「よいモノ」より「有名なモノ」これはわたしもうなずきながら読みました。中国人をよく知る日本人の比較した視点がツボに入ります。

 

 

日本でインバウンドといえばこの著者

「やまとごころ.JP」というサイトも運営されている著者の村山慶輔さん。複雑なインバウンドをわかりやすく説明してあります。さすが入門編。サイトと並行して読んでみるとさらにわかりやすいです。

 

右肩上がり!インバウンド業界へ転職

インバウンド業界に転職したい人はまずは求人をチェックしてみましょう。