中国語の勉強に映画やドラマが効果的

中国語を勉強している人はスマホやパソコンを使うこともよくあると思います。

 

その中でも動画を見ることが多くなっているはず。

 

今は中国語の映画やドラマの動画を気軽に見ることができます。

 

動画は五感を刺激して効果的に勉強ができます。

 

ネイティブの発音は勉強になるし、映像で文化や流行がわかるし、アジア圏の恋愛事情もよくわかります。

 

そこでどんどん動画を見たいのですが気になるのがWiFiの容量です。

 

iPhone

 

ここではおすすめのモバイルWiFiを紹介します。

 

モバイルWiFiがあれば自宅だけでなくカフェでも動画を見ることができます。

 

カフェ

 

天気のいい日は公園でも中国語の動画を見ることができます。

 

公園

 

ランキングではメリットとデメリットを付け加えてわかりやすく説明していきますね。

中国語の勉強におすすめのモバイルWiFi

DMMのレンタルWiFi

1番のおすすめはこのモバイルWiFiです。わたしもこれを使っています。レンタルですが最大11ヶ月先まで延長ができます。レンタルなので縛り期間の2年縛りや3年縛りがありません。

 

比較データ
・1日の制限:無し
・1カ月の制限:100GB(これだけあれば充分)
・1カ月の料金:約2000円~3000円(機種とプランによる)
・速度:速い(使ってみた体感)
・期間縛りと違約金:無し

 

メリット
メリットばかりです。安い、容量制限は実質無し、体感速度は速い、違約金無し。このサイトを見つけたときに「これだ!」と思いました。

 

デメリット
今のところ見当たりません。定期的に契約を延長しなければいけない手間のがデメリットかもしれません。しかしこれは期間縛りがなくいつでも解約できるメリットでもあります。

 

料金とスペックのバランスがとれたモバイルWiFi

 

TOPページ > 国内モバイルWiFi

 

この順番で詳細が出てきます。

 

使っているモバイルWiFi
モバイルWiFi1

 

モバイルWiFi2

 

 

どんなときもWiFi

CMで有名なWiFiです。このWiFiと1位のWiFiをどちらにしようか最後まで悩みました。

 

比較データ
・1日の制限:無し
・1カ月の制限:無し
・1カ月の料金:3480円+tax=3828円
・速度:まあまあ速い
・期間縛りと違約金:あり(2年)

 

メリット
1日も1カ月も容量制限無しが魅力です。

 

デメリット
2年縛りと違約金。

 

容量無制限が必須条件の人におすすめ!

 

 

WiMAX

実は数年前に使っていました。

 

比較データ
・1日の制限:あり(3日間で10GBで速度制限)
・1カ月の制限:無し
・1カ月の料金:3880円+tax=4268円
・速度:遅いときがある
・期間縛りと違約金:あり(2年)

 

メリット
有名(有名はメリットにはなるか微妙ですが)。

 

デメリット
ギガ放題と大きく書いてありながら1日の容量制限があります。期間縛りも違約金もあります。おすすめしません。

 

 

携帯各社のモバイルWiFi

同じく3位です。ドコモ、au、ソフトバンクの店頭でたまにチェックしますが魅力的なポイントはほぼありません。比較データは携帯各社によって違いますが似ています。詳しくは店舗やサイトでチェックしてみてください。ポケットWiFiと表示しているところもあります。

 

比較データ
・1日の制限:あり
・1カ月の制限:あり
・1カ月の料金:高い
・速度:未確認
・期間縛りと違約金:あり

 

メリット
有名。店舗がある。

 

デメリット
容量制限、料金、期間縛りと違約金、どれを見てもデメリットばかり。デメリットが多いので速度は調べることすらやっていません。

 

ランキングまとめ

DMMのレンタルWiFi
どんなときもWiFi
WiMAX
携帯各社のモバイルWiFi

モバイルWiFiで動画をどんどん見て中国語を勉強

モバイルWiFiで動画をどんどん見て中国語を勉強してみてください。

 

DMMのレンタルWiFi

1位のモバイルWiFiはこのスペックでこの料金は安いです。

 

動画を見て中国語を勉強して上達すると考えれば必要経費と考えてもいいでしょう。

 

中国語教室に行ったりイベントやセミナーに参加したりテキストを買うことを考えれば安いものです。

 

速度が気になるようでしたら最初は1カ月や2カ月試して延長すればいいと思います。

 

通信可能エリアはホームページから確認できます。

 

4G LTEなので速いですよ。

 

どんなときもWiFi

無制限にこだわる場合はこちらもおすすめです。

このページの先頭へ戻る